読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M&Oplaysプロデュース『皆、シンデレラがやりたい。』@本多劇場 感想

M&Oplaysプロデュース『皆、シンデレラがやりたい。』

作・演出 根本宗子 出演:高田聖子、猫背 椿、新谷真弓新垣里沙、小沢道成、根本宗子

 

根本宗子の演劇が面白いと知人に紹介され、初めての観劇。

前作「夢と希望の先」は即売り切れしたイメージがありかなり準備を来してチケットを購入。

 

・男性アイドルを追っかける3人のおばちゃん

・その男性アイドルと交際する若い女アイドル

・女アイドルの元カレである若いマネージャー

・男性アイドルと肉体関係を持つ風俗嬢

以上の登場人物が会話で進める一場もののコメディ作品である。

 

この作品のキモは「不安は人の価値観の相違によって生まれる(なので救いがない)」という点である。

 

おばちゃんたちはアイドルの追っかけという立場上、社会的関係を持てない不安を持ちながらも、好意を「追っかけ仲間」に変換することで安心を得ている。後半、「好意」を投資額という「価値」へと読み換えられてしまうことで、彼女たちの間で生じた経済格差というギャップが生じ「追っかけ仲間」という共同体は解体され、不安緩和戦略が機能しなくなってしまう。

女アイドルは交際関係、肉体関係まで有しながらも、「堕ろせ」という男アイドルの発言と風俗嬢の存在によって安心を失い、おばちゃん達と同じレベルの議論に身を落とし、やがて沈黙し、最終的には風俗嬢を排除することで安心を得ようとする。

 

おばちゃんたちは追っかけ行為やSNS、プレゼント、シャンパンタワーなど思い思いの方法でアイドルを愛し、追っかけ仲間との集まりでそれらの果実を報告しあい、安心を得ている。現代では人を好きになるのだってリスクがあり、不安なのだ。追っかけをしていればパート先に陰口を言われるし、年齢だってある。追っかけ仲間も影ではどう思ってるかわからないし、出し抜かれるかもしれない。そんな不安を抱えているのだ。

そんなおばちゃん達のゴールである「交際相手」も登場するなり「不安」は消えないことを突きつける。肉体関係を持っても、子どもを宿してもなお、「好き」は不安定なものだと投げかけるのだ。

この女アイドルのキャラクターがよくできている。序盤で観客はアイコンとして描かれた追っかけのおばちゃんたちを消費するだけの存在だったが、交際、妊娠、堕胎といったリアルの話を持ち込む女アイドルに対し、観客はこの女アイドルの持ち込む話が自分にも及ぶ話だと勘付き、自己を投影するのである。

 

「人を好きになる」この不安をどう緩和すればいいのか。舞台上では高田聖子演じるおばちゃんが「好きの表現は人それぞれ」なんだから「おせっかい」でしょ!と断じる。「好きな気持ちは不安の元」であると共に「不安の共有は価値観の差を浮き彫りにするからNG」というダブルバインドを課すのである。新垣理沙演じる女アイドルは沈黙し、観客はリベラルな荒野を目の当りにする。経済的格差など現代社会で重視される基本的ステータスのギャップに触れることはもはやタブーなのである。

 

終盤、①「芸能人じゃなくたってかわいい子はいるのよね」②純粋な暴力によるライバルの排除③シャンパンタワーという置き換え行為

によって彼女たちは思い思いのジレンマの解消を図る。しかし根本宗子はそれらの防衛機制を否定的に演出していたように感じられる。ではこれらのジレンマから逃れる戦略はあるのか?(おそらく)ないのである。だってこれらの不安はみんなの価値観のギャップで生まれたジレンマなのだから。

(強いて上げるのであれば、高田聖子演じたおばちゃんのように、確固たる価値観を持つことだろうか)

 

「劇団本谷有希子」や村田沙耶香コンビニ人間」のように少し前までは取沙汰されなかった原初的な感情や振る舞いが、リキッドな現代で歪に発現してしまう現象を扱う大衆芸能が増えている様に感じる。

これらの不安は共有することで価値観や出自の相違を浮き彫りにし、結果的にさらなる孤立を深めるという負の連鎖機構を備えている。現代のリキッドな社会を生きる若者には深く共感を呼び、その寓意性だけでも十分に魅力あるコンテンツとして映るだろう。

一方で高齢世代は役者たちが演じた孤立や不安緩和の悩みについて、どのように見えるのか。それが今の私の疑問である。