読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイパーリンくん

学生演劇でハイパーリンくんを観劇。

 

ままごとの戯曲では「あゆみ」に続いて二作品目。

ラップを中心とした掛け合いから、人類史や科学史といった物語を超える「テーマ」の表現を目指す作品であるが、女性をテーマにした「あゆみ」同様の系譜である。

 

シェイクスピア然り演劇は大河的な物語や個人の個性をモチーフとする芸術であったが、柴の戯曲はセリフやキャラクターを排すことで従来の演劇では表現しえなかったよりスケールの大きいテーマを表現している。

 

一方で役者の没個性化や表現するテーマの画一化はこの戯曲のリスク、デメリットとして気になるところ。

マチュア劇団でこの戯曲をやるのであれば、役者個人個人は暴れ馬のように個性をもっ表現するべきであるし、そうしなければ演出家はネコでもできるような簡単な芝居になってしまう。残念ながら今回観劇した劇団ではモチーフの強大さに収斂され、役者ひとりひとりの個性が霧消してしまっていた。昨今高校演劇でも人気の柴作品だからこそ役者は台本に身を任せることなく演じ、まとまりのない芝居になったほうが、より柴の思惑通りの感想を観客に持たせることができるだろう。

モチーフの強大さに屈することは、柴がもつモチーフへのイメージに芝居が収斂されることをも意味する。役者が受動的に演じてしまうと色んな辞書で同じ言葉の説明を読み聞かされているような、そんな気分になってしまう。役者は自身のもつモチーフへのイメージを表現するとともに、観客のイメージをも予想し、表現し、そして時に裏切ることで、多様な言葉のイメージを表現できるのではないだろうか。

 

今作はラップやリズムを重視して、勢いでゴリゴリ進める必要が高い台本になっているため、技術のない役者はほかの役者たちにリズムを強制されてセリフを読んでしまいがちである。演出家は技術に劣る役者へのフォローの必要性について気を遣うべきかもしれない。